ブロックチェーンは今日の業界成長を促し、次の10年の道筋を示している。

製造業や銀行業のような業界の利用ケースを見てみると、航空業も例外ではない。

実際、ブロックチェーンが直ちに導入されれば、それは航空事業にとって最も強力な技術の一つとなれるだろう。

多くの人はブロックチェーンが金融業の取引を取り扱うために作られた技術であると考えているかもしれない。

しかし、ブロックチェーンのような革新技術はほぼ全ての業界に応用することが可能なのである。

ブロックチェーンは透明性や安全性が必要となる応用技術に導入できうる。

なぜならブロックチェーン上の情報は、そのネットワークを利用している全ての人たちによって常に監視することができるからである。

 

なぜ航空業にブロックチェーンを導入するのか?

航空業は相互的な信頼や、安全な方法でデータを保護する必要性の上に成り立っている。

この特徴はブロックチェーンが提供するものと完全に相性がいい。

航空業は異なるシステム間における、いくつかの最も複雑な同調機構を取り扱っている。

発着情報やその他の詳細情報が様々なシステムに保存されていて、それらがその一つのフライトを行うために同調する。

そのような複雑な機械の働き、つまり同調はブロックチェーンが航空業のため、潜在的に有用となる技術なのである。

 

航空業におけるブロックチェーンの利用ケース

“信頼の中心的な支柱“として振る舞う技術であるブロックチェーンは、いかなる時も最も破壊的かつ創造的な技術となりうるだろう

機体整備

ブロックチェーンは機体の全部位に関するメンテナンス記録の正確なコピーをヴァーチャル上で取り扱いやすくする。その記録には材料はどこからきたのか、誰がどの部位を扱ったのか、そしてそれがどこに運ばれるのかが記載されている。ブロックチェーン利用者間による部分部分の可視性によって航空業の安全性が全く異なるレベルに到達できる。

航空券の購入とお得意様

航空券の購入は航空業全体の中心をなすものである。

データ蓄積所に保存されている、ある特定の会員(お得意様)
に関する情報は重要である。

ブロックチェーンの能力を利用すると、より良い演出やトラッキングを行うために、このデータはきっと重要でなくなるだろう。

航空会社は全体のシステムの中で、あるチケットがどのように売られ、使われるか特定するのにスマート・コントラクトを利用する選択肢を持つ。

それだけでは終わらない。

航空会社はまた、チェーン内の第三者に依存することなく、お得意様についてトラッキングし続けることができる。

お得意様の予約はブロックチェーンによってトークン化されると、そのお客様はより良い特典のために、すぐにその場でトークンを予約券に変換できる。

安全性と身分の検証

ブロックチェーンは誕生した時から安全性があることで有名だ。

暗号技術が使われている主な理由や利用者間で分配されるデータもまた、システムの取引を検証する間にエラーを全く起こさないことを可能にしている。

データの安全性と航空業は並行的かつ同調てきに機能すると想定されている。

ブロックチェーンの安全性保証人は今までの他の技術とは全く異なっていて、それゆえシステムに保存された情報が正確で安全であるように保護されているのだ。

Source : Blockchain use-cases for Aviation Industry

※ 原著者に翻訳及び転載の許諾を得ています。