フリーランス経済は嵐のように世界に広まった。

米国においては、ここ10年程度でフリーランス労働者数が正社員数を上回った。

数億ドル規模のフリーランス向け仕事の紹介役となる Upwork や Fiverr などのフリーランス仲介プラットフォームなどのネット技術の到来もその差を拡大させる一因となっている。

前述の人気と反して、これらのフリーランス仲介プラットフォームは解決法を見出せない課題も抱えている。

多数の国の数百万人にのぼるフリーランス作業員に迅速に報酬を渡す事は課題の一つである。

そして、新しいフリーランス作業者をプラットフォームに慣れさせる事を支援すると共に、顧客に一定の品質を維持した納入品を提供する事も課題となっている。

しかし、新たな技術革命がこの業界に破壊的な革命をもたらし、前述の課題に対する答えを提供出来る可能性がある。

ブロックチェーンを用いた解決法がフリーランス作業者と雇い主に明るい未来をもたらそうとしている。

安価な手数料、迅速な報酬の支払い、そして新たな報酬システムを提供し利用者にとってシステムの使いやすさを向上させる。

この新しい技術がもたらす恩恵が現実的であり、事業者やフリーランサーにとって魅力的な分散的ビジネスを実施することが実現できるか調べてみよう。

 

フリーランス市場の現状

現在、米国には5700万人のフリーランス作業者が毎年、約1.4兆円規模の仕事をこなしている。

大規模な Payoneer による調査によると7割のフリーランス作業者はオンライン市場にて仕事を探す。

このようにフリーランス労働市場は規模が大きく、さらに拡大し勢いを増し、新たなお互い接点を見つける方法を模索している。

では、このようなフリーランス作業者はどのような仕事を行なっているのであろうか?

最大規模のフリーランス市場プラットフォームを持つ Upwork において調べると以下の様な結果が得られた。

  • 33% : ウェブ、モバイル、ソフトウェア開発
  • 18% : デザイン、クリエイティブ系
  • 15% : 営業、宣伝
  • 11% : 文書作成
  •  8% : 総務、サポート系
  • 15% : その他

 

フリーランスプラットフォームの種類

オンラインにおける求人サイトは数百サイト存在し、これらプラットフォームは独自の特徴を持つが、次のような大きなカテゴリに分類する事ができる。

  • Upwork 系 : 時間単位、プロジェクト単位、又はフルタイムあるいはパートタイムに分別された仕事を提供するプラットフォームのカテゴリ。ユーザーは自ら仲介人となったり自分でチームを作っても良い。このカテゴリは様々な機能を持ち、Freelancer.com はこのカテゴリに属するサイトの良い例である。
  • Fiverr 系 : カテゴリの名前の通りに5ドル単位の仕事を提供するプラットフォームが属するカテゴリ。提供される仕事は簡易で高いスキルを必要としない仕事となる。GigBucks が同じような仕組みを採用している。
  • TopTal 系 : 有能なフリーランス作業者を揃えるプラットフォームのカテゴリ。このようなプラットフォームにおいては厳密な採用プロセスを通じて、応募してきたフリーランス作業者の中から有能な人材を選び抜く。
  • Codeable系 : 稀な才能を持つフリーランス作業者を揃えるプラットフォームのカテゴリ。このようなプラットフォームにおいて、管理者自らが特異な才能を持つ作業者を選ぶ。ピンポイントなおかつ、特殊な要求に応えられる人材を揃える。

 

各プラットフォームの強みと弱み

Upwork は様々な特長を持つが、一番の強みはそのネットワークのサイズである。

依頼主はプロフィールおよび評価が付いた数百万人に及ぶフリーランス作業者の中から要求するスキルにあった人材を探す事ができる。

また、プラットフォームにおいてリクルート機能など、企業が適切な人材を探せる機能を備える。

フリーランス作業者は回覧出来る多数の仕事に応募でき、オンライン広告などに必要な高額な宣伝費用や検索に必要な時間が抑えられる。

しかし、このようなプラットフォームにもいくつか問題がある。

フリーランス作業者も玉石混交であり、依頼主にとって、納品の品質の低さ、そして適切な人材を探すまで、要望に沿わないか基準以下の多数の応募のスクリーニングを行わなければいけない。

そして、フリーランス作業者は中央管理されている体制のもと、Upwork内の自分らのプロフィール、ビジネスそして収益などは管理者に身を任せるしかない。

このような体制において、フリーランス作業者にとって、このような不幸なケースのように、得た収入が不公平かつ即座に管理者に没収されるような事が発生しやすい環境を作る。

Fiverr には利点が数点ある。膨大な量のサービスを回覧できる。

文書作成、翻訳やロゴ作成など簡単な作業であれば5ドルで依頼できる。

顧客に対して追加のサービスを販売する事もでき、追加収入源となるのでフリーランス作業者にとっては魅力的な仕組みである。

TopTal は Upwork のようなオープンプラットフォームを悩ませる低い品質の納品に関する課題を解決しようとする。

TopTal のようなプラットフォームにおいて、フリーランス作業者はスクリーニングにより厳選され、上位3%の作業者が選ばれ、納品物の品質を維持する。

このような仕組みの欠点はフリーランス市場の大半が排除され、取り残されてしまう事である。

すなわち97%のフリーランス作業者はこのようなプラットフォームに参入できず、依頼の大半は高額な依頼費を払う必要としない依頼である。

Codeable は TopTal よりもさらに選択的なスクリーニングにより作業者を選ぶ。

この様なプラットフォームにおいては、ピンポイントな要求に対して、作業者が選ばれるので、依頼人にとって、品質の低い納品物を受け取るリスクが更に減る。

当然のことながら、この様なプラットフォームにおいて、依頼人は高い依頼費(最低時給6000円)を払うことになり、5700万人のフリーランス作業者のうち、ひと握りの作業者しか Codeable チームに加わることができない。

以上のサービスにおいて依頼人および作業者共に、第三者を介した支払い保証、カスタマーサポート、紛争時の和解サポートなどが提供される。

そして、フリーランス作業者および顧客向けに、レーティングシステムも備えられている。

 

収入はどのようにしてこれらのプラットフォームにて分配されるか?

昨今のプラットフォームは簡易な支払いシステムを採用する。

プラットフォームは依頼人か支払われる報酬の一部を徴収する。

全てのサービスに対して均一のレートを設定したり、サービス毎に異なるレートを設定したりするプラットフォームもある。

ここで各社の依頼額に対する手数料の割合をまとめてみよう。

  • Upwork : 500ドルまでは20%, 10000ドルまでは10%, 10000ドル以上は5%
  • Codeable : 15%
  • Fiverr : 20% (5ドルの仕事に対し、1ドル)
  • Freelancer.com : 13% (内訳は3%は雇い主, 10%はフリーランス作業者)
  • TopTal : 非公開。65ドルから200ドルまでの高額な時給

少額の手数料の様に見えるが、積もり積もれば無視できない負担となる。

Upwork における500ドルの小規模なフリーランスプロジェクトの手数料は100ドルとなる。

そして、残額から paypal の手数料が引かれる。

Codeable における100000ドルの大規模なプロジェクトの手数料は一件の依頼のみにも関わらず15000ドルとなる。

依頼人の支払い方法は全てのプラットフォームにおいて似通った方法が採用され、クレジットカード、 paypal 又は銀行振込を扱う。

フリーランス作業者への支払いは paypal、Payoneer および銀行振込が使われる。

現時点では、大手のプラットフォームは暗号通貨は支払いには使われていない。

一方、XBTFreelancer の様にプラットフォーム上の全ての支払いにビットコインを用いるベンチャー企業も存在する。

しかし、この様なプラットフォームは人気が下火気味で数える程度の依頼が毎日投稿される程度である。

 

ブロックチェーンはどのような革命をフリーランス市場にもたらすのか?

ブロックチェーンはすでに金融、送金又は医療分野で破壊的な革命を起こしているが、フリーランス市場にどの様な影響を与えるか?

ブロックチェーンはすでに金融、送金又は医療分野で破壊的な革命を起こしているが、フリーランス市場にどの様な影響を与えるか?

  1. 暗号通貨を用いる事で支払い時の効率およびスピードが向上する
  2. 仲介手数料が無くなる
  3. トークンとスマートコントラクトを用いる事で新たな報酬システムが生まれ、使用快適度が向上する

 

1. 暗号通貨による支払い

16%のフリーランス作業者は自分の仕事に対する素早い報酬を求めている。

理解できる要求であり、オンラインにおける決算は頭痛の種となる。

Upwork において、フリーランス作業者は依頼人からの支払いの承認を待ち、更に自分のアカウントに支払われた額が振り込まれるまで更に5日待つ。

その上、自分の銀行の口座に振り込むのにも時間がかかるので、数週間待つ事も稀ではない。

暗号通貨による支払いは即時に行われ、国境を越えて行える。

これはフリーランス作業者にとっては大きな利点であり、暗号通貨による取引が成立後、すぐに引き落とし、使える。

暗号通貨は世界人口の39%にあたる銀行口座を持たない人々をフリーランス作業者として雇う事ができる。

数十億人がインターネットにアクセスできるが、銀行にアクセスできる人々は限られる。

暗号通貨を用いるフリーランス市場は銀行を介する必要が無くなる。

 

2. 低い仲介手数料

ブロックチェーンの応用性は仲介人の必要性を無くそうとしている。

ユーザー同士がプロトコルを通して集中型サービスを介さず直接取引き出来れば、仲介人の価値は劇的に落ちる。

この様な現象は国際送金やオンライン広告にて見る事が出来る。

Openbazaar はビットコインを用いた取引に対しては0%の手数料と設定し、成長中のフリーランスプラットフォームにおいても0%から1%の少額の手数料を請求している。

 

3. トークンとスマートコントラクトが生む新しい報酬

恐らくブロックチェーンの応用にて一番興味深い点は全てをトークン化出来ることであろう。

現在存在するプラットフォームにおける一番の問題はフリーランス作業者と依頼人の間の信頼である。

一部のフリーランス作業者あるいは依頼人は相手を公平に扱わず、その結果お互いの信頼関係が崩れ、同時にシステム全体の信頼性を道連れにしてしまう。

暗号通貨やスマートコントラクトはユーザーが相手を常に公平にそして社会の1人として扱うことに対して奨励出来る。

Ethearnal は評判をトークン化出来て、評価に対して市場価値を付加できる。

要するに、評価に対するダメージは自分の懐を直撃する。

これはプラットフォームを大切に使いたいフリーランス作業者および依頼人にとって双方的に都合が良い事である。

暗号通貨による分散化は更に公平かつ分散化された紛争による和解などにより、良い結末の契約の終結を増やせ、正確な評価を生みそして支配的な中央的な制御を減らせる。

 

フリーランス作業者にとっての利点

フリーランス作業者は上記全ての利点が得られる

  • 報酬が自分の懐に入ってくる
  • 手数料が減額され、利益が上がるか競争力を高めるため提供するサービスの作業代を減らせる
  • 銀行口座を持たない数十億人がフリーランス市場に参加できる
  • トークン化された評判により評判=収益といった方程式が成り立つ。そして、依頼人もトークン化評価の対象となる
  • 分散化され中央管理から離れることで、ビジネスおよび収入が安定し、それらが中央管理者に人質に取られることがない。

 

雇い主にとっての利点

前述の利点は依頼人には直接影響しない。

フリーランス作業者にどれだけ早く報酬が払われるかはあまり関係がない。

そして、フリーランス作業者が手数料が減ったため、収入が増えても依頼人の収入には影響がない。

そして、中央管理者がシステムを変えようとしたり、立ち入ろうとしても依頼人にとっては影響がない。

さらに、暗号通貨が一般的な通貨になるまでは、暗号通貨を用いた支払いにより、依頼人にとって支払い処理が複雑になるであろう。

その一方、いくつかの利点は依頼人にとっても利点となる。

15-20%程度減額される手数料により、フリーランス作業者が競争力を増すためにサービスに対する報酬を減額することにより、依頼人にとって依頼額が安くなることになる。

また、ブロックチェーンを用いたプラットフォームの使い心地がよければ、フリーランス作業者もそのプラットフォームに集まるであろう。

明確な利点は、ブロックチェーンおよびスマートコントラクトやトークン化された報酬システムを用いることで、プラットフォームの運営の効率が向上することである。

全てが順調であれば、作業者の採用のリスクが減り、納品物の品質も上がるであろう。

 

新しいプラットフォームに移るのは困難なのでは?

成熟したブロックチェーンを用いたフリーレアンスアプリが存在しないので、新しいプラットフォームに移ることが困難か把握できない。

しかし物事が順調に進めば、フリーランス作業者にとって一番簡易な取引が実現する。

EthearnalCanya などの大規模なプロジェクトは使いやすさを一番の優先度とし、過去の世代のプラットフォームから学べることも利点の一つである。

さらに大きな動機がある。全てのフリーランス作業者が抱える「鶏と卵」の問題がある。

仕事を得るために評価が必要であるが、評価を得るためには仕事が必要である。

だれも評価が付いてこないフリーランス作業者に、作業者への信頼性が未知数なため仕事を依頼したくない。

これは昔からある課題であるが、今やっと解決法が見つかろうとしている。

トークン化された評価は当然なことながら金銭的な価値も有する。

フリーランス作業者と依頼人は評価を高めるために努力および投資を行い、築かれた評価を用いて売買およびプロジェクトを実施できる。

良い社会人として振る舞う事が評価され、良い行動に対する評価は限度がなく、期待を裏切る行動に関しては金銭的ペナルティがつきまとう。

 

解決すべき課題

スマートコントラクトや ICO を用いる事で第三者送金やトークンおよび資金集めを発行する事が可能であり、既に実施されている。

しかし、ブロックチェーン技術はまだ未成熟な状態であり、使い勝手が課題となる。

分散管理のアプリは集中管理されたアプリよりも処理速度が、遅く使う難易度が高いので、開発者はこれらの課題を解決する必要がある。

ブロックチェーンに関連する他の問題は客観的要素を含む。

ブロックチェーンを用いた報酬は過去にない形態であり、適切な経済的な報酬を設定する事は過去の経験から判断できないので難しい。

そして、分散されたプロトコルやスマートコントラクトは適応的に変えることがほぼ不可能である。

そしてコミュニティの一体感そしてネットワークのサイズも課題となる。

なぜならばフリーランス市場の肝は作業者数と依頼数だからである。

それでは誰が前述の課題を解決しようとしているのか。

 

新たなブロックチェーンによる解決法

市場は新しいがもう前述の利点を超えられるものを作り出せるプラットフォームおよびプロトコルに取り組んでいるプロジェクトがある。それらをいくつか紹介しよう。

 

Openbazaar : あらゆる取引のために分散化された市場

表題に一番近いプロジェクトは Openbazaar.org であろう。

2014年に立ち上がり、誰でも暗号通貨を用いて物を売る事が出来るオンライン市場である。

Openbazaar は前述に説明した問題に直面した。

Openbazaar は立ち上がり直後、プラットフォームの使いやすさに関する問題と向き合った。

その際にCEOはこのようにコメントしている、

“物事の処理を分散化させる事は大衆にとって直感的ではない事はリリース直後に理解した。そのためシステム設計に気をつける必要があり、上手く作らなければいけない。”

そして開発者たちは中心制御を必要としない分散型ネットワークの構築は簡単である事に気付いた。

Openbazaar にとって開発されたプラットフォームは秘密および匿名制度を維持するために使われて、使い勝手の優先度は高くなかった。

本プラットフォームが成功したのは、コミュニティおよびスタッフの支持によるものがである。

 

Canya.io

Canya はブロックチェーンを用い、”分散化された支払い、分散統治、分散保存そしていつかは分散コンピューター”を売りにしている。

Upwork よりも更に一般化そして野心的な目標を設定しており、デジタルそして宅配フリーランスサービスが Canya にて提供されている。

このプラットフォームの一番代表的な使用例は水道業者を雇う事である。

Canyaの強みは

  • 簡単である事: サービス提供者を見つけ予約して、評価できること
  • 暗号通貨である CanYaCoin を用いて世の中のサービスを購入出来ること
  • 分散化され信用手続きをなくし、暗号通貨の活発な変動のための大きなヘッジ
  • 安い手数料。1%程度であり手数料の一部はユーザーの良い行動そして成長を助けるために使われる

ICO は2017年11月、アプリの一部は公開されているが、フルバージョンおよび世界的リリースは2018年3月である。

CanYa によると現在、ユーザーは1万人そして4万6千人のサービス提供者が CanYa を利用している。

CanYa システムには依頼人と作業者の環境を保つため報酬機能が作り込まれている。

 

Ethearnal

Ethearnal はアルファバージョンであり ICO に向けて準備中であるが、近い将来に一番革命的ね影響をもたらすプラットフォームとされている。

分散化された Upwork のようなプラットフォームであり、前述のブロックチェーンの利点を全て備える。

Ethearnal はこの面では最先端の位置にいる。

ホワイトペーパーによると Ethearnal がブロックチェーンを用いた最初のプロジェクトであり、プラットフォーム上の評価をトークン化および金銭価値を与える事を試みたプロジェクトである。

フリーランス作業者は ERT を購入又は得ることができ、依頼人はプロジェクトを進めるために ERT が必要となる。

ERT は分散化された紛争和解システムにおいても使われる。

紛争が起きた場合、ERT 保有者のみが仲裁でき、仲裁者が勝者側をサポートしたら仲裁者が ERT が報酬として払われる。

フェアに活動することに対して評価され、負け側にいると金銭を失う。

手数料の範囲は0%から1%であり、集めた手数料は”全ての面で報酬が均一とされるように”用いられる。

開発者はプラットフォームから得た資金からは一銭も徴収しない。

資金集めは ICO によって集められる。

Ethearnal のICO は画期的であり、Vitalik Buterin の DAICO モデルを率先して用いた企業の一つである。

このモデルを適用する事で ICO から集めた資金を期間的に分散でき、投資家にとってリスクが少なくし、チームに全ての信用を預ける事を防げる。

集めた資金の10%のみが開発者に配布される。

(フリーランスプラットフォームにおける仕事と同様に)マイルストーンにおいて投資金を使うかを決めるコミュニティの投票の結果により、残りの投資金が使われるか否かが決まる。

もし投票結果が払い戻しを求める結果となった場合、残りの投資金(当初は9割)はトークンを保持した投資家に払い戻される。

この仕組みはプラットフォームの開発中にコミュニティの活動を活発に保つために必要となり、長期にわたる成長に不可欠である。

 

まとめ

世界のフリーランス市場規模は巨大であるが、効率の悪い点もたくさん抱えている。

ユーザーは高い仲介手数料、時間がかかる支払い処理、品質の低い仕事、不正直な雇い人そしてあまりにも強い権力を持った中央管理体制に悩まされ、数秒でユーザーのキャリアが台無しになる恐怖に向き合っている。

ブロックチェーンのお陰で分散化させる解決法を実現する事が可能となった。

ユーザーそして依頼人にとって安全そして快適に使える市場を実現させ、新しい顧客を集める事を目標とし、興味深いプロジェクトが立ち上がっている。

これらの新しいプロジェクトが夢を実現できるか注目される。

Source : Can the blockchain really disrupt the middleman freelance platform market?

※ 原著者に翻訳及び転載の許諾を得ています。