個人の自由のための P2P テクノロジーと我々の旅

2018年にプラットフォームとブロックチェーン技術はどうなるのだろうか?

インターネット上で、将来の可能性とブロックチェーン・プラットフォーム(Dapps)の便益について多くの議論が交わされています。

私がブロックチェーンプラットフォーム(Dapps)を信じている理由は非常にシンプルです。

それはより直接的な P2P トランザクションを可能にするからです。

賞賛し合う世界は我々をもっと幸せにします

下記がその理由です。

 

中央集権化された世界から脱出すること

私たちは「中央当局」及び「ちゃんとした手続き」によって、長く支配されてきた世界に住んでいます。

もちろん「ちゃんとした手続き」でサポートされている従来の構造は、信頼を構築し、処理を完了するために必要でした。

技術革新は、こうした新技術の影響について議論される度に、そのような構造や手順の増加を招くことがよくありました。

しかし、今日興味深いのは「P2P」技術がこの古い世界を混乱させていることです。

P2P 技術は、私たちの社会にマインドシフトをもたらしています。

「中央集権型」「階層型」および「手続き型」の世界の欠点は、日々明確になりつつあります。

まず、意思決定が遅く、扱い難く、高コストです。

多くのケースで「P2P 技術」がどのようにしてより優れたソリューションを提供するのか理解できます。

これは Uber や Airbnb の利点よりもはるかに進んでいます。

例えば、先週ヨーロッパで激しい暴風が発生した時、ネットワーク化されたモバイルデバイスとプラットフォームの利点は非常に明確になりました。

この暴風は、公共交通機関と鉄道サービスのキャンセルをもたらしました。

「中央集権型」の組織は、孤立した乗客のための輸送手段を探し回っていました。

一方、鉄道会社がサポートしていた「ボトムアップ」ソリューションはすぐに Twitter で登場しました。

人々はハッシュタグ #StormPoolen を使用し、嵐の中で孤立した街を探索し、都市間の乗り物を提供し始めました。

「より良い」解決策を提供するプラットフォームの例が他にもたくさんあります。

伝統的に中央集権化された管理システムによって、処理されてきた問題。

伝統的な訴訟手続きを取り替えることを目的としたオンライン民間裁判所 e-Court を利用します。

不安なのにも関わらず、普通の人々はシステムのスピードと使いやすさに魅了されます。

 

ブロックチェーンとスマートコントラクトについてはどうでしょうか?

もちろん、私たちが新しい “非中央集権型”の世界に向かっているという考えは、必ずしもすぐに興奮を生み出すわけではありません。

この考えを学生に紹介するたびに、私はいつも反対されます。

少なくとも、最初は。

多くの学生は、非中央集権化された社会や地方自治体の自治組織への移行のメリットをすぐには確信しません。

多くの学生は、非中央集権化された社会と DAO(自律分散型組織)への移行のメリットをすぐには理解してないです。

それはよくより自由で規制が緩和された「新しい中世」への移行として考えられています。

しかし、彼らはすぐに説得されます。

彼らの多くは、階層的な手順に取って代わるブロックチェーン技術の可能性をすぐに分かります。

若い世代は、中央集権化されたものを個人の自主性と幸福に対する脅威として見ます。

過度に手続き化された社会が人々を駄目にすることはよくあることです。

正式な構造とプロセスは創造性を破壊し、消耗と極度の疲労につながります。

人間は生まれつき冒険を抱き、繋がり、新しいことを試す傾向があります。

その若い世代は非常に中央集権化された世界の中でほとんど余裕がないことを直感的に理解しています。

個人の自由と表現は中央集権化された世界をより良いものにすることができます。そして、それは構造化されたセキュアな環境を提供します。

これは、ブロックチェーンプラットフォーム(Dapps)によって非常に多くの人々が興味をそそられている理由です。

もちろん、若い世代はブロックチェーンプラットフォーム(Dapps)の技術的な問題と規制上の欠点を認識しています。

また、彼らは多くのブロックチェーン、スマートコントラクト及びスタートアップは失敗することを知っています。

彼らは「プライムタイム(注目される時期)」の到来が、まだ数年以上もかかる可能性が高いことも知っています。

しかし、これは単なるトレードオフの一部です。

ブロックチェーン技術、スマートコントラクト及び暗号通貨の開発は待ち望んだり、投資したりする価値があります。

より多くの先駆けと試みによって、主流になるアプリケーションがすぐ見つかるでしょう。

地方分権化と自動化された信頼は、我々の進歩の次のステップに過ぎません。

最終的なノート

ビットコインとイーサリアムは 2017 年にメディアの注目を集めました。

ビジネス、政府、投資家及び慈善団体など、誰もがプラットフォームとブロックチェーン技術を試しています。

プラットフォームになるか、あるものに取って代われるか

それがこの新しい世界の真髄です。

このような試みを行うことには、様々な理由があります。

仲介者を切り離し、より透明性を高めることから生じるコスト削減は、よく言及されています。

しかし、それらの新しいテクノロジーは人々に力を与えます。

そして、それらは個人の活躍と個々の創造性の機会が増える新しく安全な環境を提供します。

2018年には、もっとフラットでオープンな「ブロックチェーンベースの」世界のメリットのリストに「個人の幸福」が追加されることを期待しています。

Source : Blockchain Platforms Will Make Us Happier

※ 原著者に翻訳及び転載の許諾を得ています。