GameWith さん主催の DApps Meetup Tokyo #1 に参加しました!

すみません…。僕は遅刻しました。

DApps はまだまだニッチな分野ですし、熱量の高い人が集まっていますね。

複数の DApps を個人で開発されているそうです。

最近、DApps 界隈で #ムダップス が話題ですよね(笑)

会場でもウケたそうです!

簡易 DApps の場合、そんなに難しいものではないとのことです。

これは僕も少し触って思いました。

気軽に多くの開発者がムダップスを作る文化を作りたいですね。

僕もムダップス作りますね!

僕はゆずしおさんのプレゼンの終盤から聞き始めました。

彼はまだ 21 歳のエンジニアなんですね!

末恐ろしい才能です 😵

DApps のキャズム越えには暗号通貨ウォレットの一般化が必要不可欠です。

今のスマホのように暗号通貨ウォレットが当たり前の存在になる必要があります。

Wei Wallet ( https://wei.tokyo/ )を応援しましょう!

3 人目の登壇者は Loom Network の Mami さんでした。

この方の素直な発言、素敵です(笑)

個人的に Mami さんのお話しで印象的だったことは Zombie Battleground の資金調達方法です。

あえて、ICO ではなくクラウドファンディングを採用したそうです。

その理由は DApps 界隈以外の人にも届けたかったから…だそうです(ちょっと意訳しすぎているかも)

加えて、Zombie Battleground の開発者から DApps Meetup Tokyo に向けて熱いメッセージ動画が流されました。

最後の登壇者は DMM スマートコントラクト開発部の篠原さんでした。

ブロックチェーンアプリケーションの開発の教科書の著者の方です。

かなり売れているらしいです!ただ、最近刷られた書籍は誤植があったらしく「申し訳ない」とおっしゃっていました。

その後、「紙媒体の書籍は刷ってしまうと変更できなくて辛い」という経験を例に「スマートコントラクトがアップグレードできなくて辛い」という話をされていました(笑)

非常に分かりやすい説明でした。

僕がもっとも印象的だったスライドはこちらです。

・利用者が所持するステートコントラクトを Main Chain に

・更新が頻繁に行われるロジックコントラクトは Side Chain に

資産価値を生むようなデータは Main Chain に書き込む。納得ですね。

篠原さんの資料は 👇

熱量の高い方々とお話しできて楽しかったです!

年収が大幅に下がっても、ブロックチェーン( DApps )に将来性を感じ、転職している人がいたり、営業からブロックチェーンエンジニアを目指そうとしていた方がいたり、多種多様な人が集まっていて面白かったです。

次回も参加したいですね 😆