2000年代半ば以降、Facebook、Apple、Google、Amazon などの企業がインターネットを支配しました。

スマートフォンの登場により、これらの企業は、エコシステムで開発され、インターネット経由でアクセスされるモバイルアプリを通じて、何百万人ものユーザーにサービスを提供することが可能になりました。

各企業の拡大のために、これらの企業は無料でサービスを提供しました。

引き換えに、彼らは膨大な量のユーザーデータを取得し管理することができました。

これには問題もありました。

スタートアップやクリエイターは自社の製品で作業することはできず、IT 巨人と競争することを心配する必要があるため、イノベーションは遅くなりました。

ソーシャルメディアのプラットフォームは、偽のニュースや論争に溢れており、これが社会問題の原因となりました。

最近あったケンブリッジ・アナリティカのケースで見られるように、誤ったデータポリシーと重大な誤用もトラブルを引き起こす可能性があります。

ブロックチェーンは単なるファイナンスだけでなくあらゆる分野に影響を与える
ブロックチェーンはファイナンスだけでなくあらゆる分野に影響を与える

分散化は正しい方法である

Web 3.0 のインスピレーションを受けるためのブロックチェーン上に作られたアプリケーションがあります。

Blockstack

Blockstack は分散アプリケーション用の新しいインターネットです。

Blockstack は3年以上前から公開されており、既にいくつかのアプリケーションが Blockstack 上に存在しています。

創設者 Ryan Shea と Muneeb Ali は、インターネットがより合理的な設計を必要としていることに気付きました。

インターネットは人々の生活にとって必要不可欠なものとなっており、過去数年間に発生したコンテンツの改ざんやデータ侵害の件数を考え、インターネットに修正すべき設計上の欠陥に気付きました。

管理者がいない分散インターネットは、これらの問題のほとんどを解決することができます。

 

マストドン

マストドンは、マイクロブログ用のウェブベースのオープンソース分散プラットフォームです。

まだ意味が伝わりにくいですよね?

Twitter を例に考えてみましょう。

プラットフォームを実行する中央の権限はなく、世界中のプログラマーはソースコードを見ることができます。

Eugen Rochko は、Twitter のいくつかの欠陥を発見した後、そのプラットフォームを構築したエンジニアです。

Medium の記事で、マストドンの開発者は、Twitter のミスから学び、エンドユーザー自身が同意したルールやポリシーでインスタンスを選択することができます(エンジニアなら自分で立ち上げることができます)。

これは、より小さく密集したコミュニティのトロールを排除します。

マストドンは既に、約100万人のユーザーを持つまでに成長しました。

 

OpenMined

人工知能は世界を席巻しており、これは膨大な量のデータを収集できたからです。

これにより、一部の人々は、私たちのすべてのデータが1つの場所になければ、Siri や Netflix のような驚くべきことは決して生まれなかっただろうと、中央集権化された設計を支持して論じています。

OpenMined はそれらが間違っていることを証明しようとしています。

Andrew Trask が始めたオープンソースのプロジェクトである OpenMined は、ディープラーニング・エンジニアがプライバシーを犯すことなく、実世界のユーザーデータにモデルを作成し、訓練することを可能にしました。

このプロジェクトはまだ初期の段階であり、説明するのに数日かかるような設計です。

それにもかかわらず、AI 巨人が転倒する可能性を示唆しています。

 

Freenet

Freenet は、抑圧政権に住む活動家や人々を対象としたネットワークです。

高セキュリティモードで信頼のWebを使用するため、ネットワーク上のユーザーは効果的に検出されません。

Freenet は、寄稿者である Ian Clarke の論文「分散情報ストレージおよび検索システム(A Distributed Decentralized Information Storage and Retrieval System)」に基づいています。

彼は1999年7月にプロジェクトを開始して以来、多くの寄稿者が加わりました。

Freenet は、ユーザーの個人情報を保護しながら、自由な発言を可能にしました。

これらは Web 2.0 の問題を解決しようとしているプロジェクトのほんの一部に過ぎません。

あなたはここでより多くのインスピレーションを見つけることができます。

 

しかし、なぜ、今、ブロックチェーン上にアプリケーションを構築するのか?

これまでに紹介したプラットフォームを知った後、自然に思いつく質問は…

「なぜ、今なのか?」

「なぜ、5年後ではダメなのか?」

「なぜ、5年前ではダメだったのか?」

それらの質問に対していくつかの回答があります。

前述した通り、大企業は彼らのルールが適用される中央集権プラットフォームを構築しています。

これは、検閲を必要としないプラットフォームの構築を人々に奨励しました。

もう一方の理由は、データの所有権です。

例えば、Apple Music から Spotify に移行する場合、Apple と Spotify の両方があなたのデータを所有しているため、これらのプラットフォーム間でデータを移動する簡単な方法はありません。

分散インターネットでは、あなただけがあなたのデータの所有権を持ちます。

分散システムと暗号化の進歩は、分散システムの規模を1から1,000ユーザーに拡大するのにも役立っています。

価格の変動が激しい暗号通貨のビットコインは、スケーラビリティの問題と熱狂的な信者を伴うように見られがちですが、非中央集権アプリケーション(dApps)をスケールさせ、100万人以上のユーザーをそれに参加させることができることを証明したともいえるでしょう。

 

上記の考えから、ジャンプジェネシスが創設されました。

創設者と Jump は、UIUCの学生がスタートアップを構築し、製品市場の見通しを立て、ビジネスプランを立てることを望んでいますが、その中核をなすのは非中央集権です。

多くの人々がこれらの非中央集権アプリケーション(dApps)について知りません。

起業家として、別の方法があることを人々に示すために破壊的なアプリケーションを開発することはあなたの義務です。

Source : Web 3.0

※ 原著者に翻訳及び転載の許諾を得ています。