嵐の前の静けさ

ブロックチェーンの誕生によって、テクノロジー業界全体を混乱させるような動きが生まれました。

ブロックチェーンと暗号通貨の愛好者たちは、これを Web3.0 と呼び、従来のビジネスモデルをすべて廃止しようとしています。

これは要するに、技術が Web の分散化を促進し、それによって、支配と所有を利益に飢えた企業から所有権を取り戻し、統制を均等にするためです。

Web3.0 のエコシステムはすでに3000種類以上の暗号化された仮想通貨と、900種類以上の分散アプリケーションもしくは DApps (単一の DApp は、特定の業界を混乱させるために特化された50メンバーまでのチームを意味します)から構成されています。

業界はまだ初期段階にありますが、市場規模はすでに8000億を超えています。

 

自由、平等、友愛

これらの数字は、この動きが実際に仕事における革命であるという証拠を提供しています。

18世紀のフランスとは違って、この革命は何百万人もの人々と少数の権力者との不平等感の欲求不満から生まれました。

正当にそうであるように、Web2.0 は企業が支配と利益を独占するための肥沃な土地を提供しました。

Web 業界の大企業は、制御を統合する以外に何もしていません。

例えば、マーク・ザッカーバーグのイニシアティブでインターネットを貧しい国にでも無料で利用できるようになりました。

プログラムの意図は、Facebook がインターネットへのアクセスを制御し、差別化することができるようにするための明白なルートとして、疑問視されています。

Facebook の CEO は、彼の利益を守るために多額の資金を費やしており、それは彼だけではありません。

ジェフ・ベゾスのワシントン・ポストの買収は、アマゾンが買う最も安くて微妙な政治保険です。

価格は2億5000万ドルに対し、同社に対して7000億ドルの独禁法違反訴訟を起こす可能性があります。

それは、より解放された平等主義的で、友愛主義的なインターネットが、君主制企業やその指導者にとって懸念材料となることを証明することになります。

 

混乱の激流

信頼性が低く、腐敗防止、反検閲制度への移行は必要なだけではなく、避けられないもので、変化は破滅的なものになります。

例えば、次のセクターを見てみましょう。

 

エクスチェンジサービス

暗号通貨の取引所の Mt.Gox は、2014年に4億6,000万ドル以上のビットコインを悪用されてハッカーたちによって襲撃されたことで、なぜ一元化されたアドレスデータが、まずいアイデアであったかを再び示しました。

中央統治機関がなければ、誰も市場金利を調整したり、変動させたり、価値を交換することはできません。

競合する利害関係の責任者はいないし、ユーザーデータにより多くアクセスできる人は他に誰もいません。

Web3.0 を一言でまとめると、 仲介金融機関の切断(中抜き現象)です。

Bitfinex や EOSfinex のような分散型の取引所は、誰もが操作するために「失敗の中心点」を取り除くことによって信頼のギャップを埋められるようになりました。

改ざんができない不変性により、消費者は直接的に対話することができ、コストのかかる財務プロセスをスマートコントラクトによって自動化することができます。

マイクロ・マクロ決済を実行できることで、迅速な決済時間とより安い手数料を通じて、暗号通貨と取引所が長期的には勝利するでしょう。

 

ストレージ

現在、Storj, Filecoin & Maidsafe などの DApps が、分散ストレージ・システムをリードしています。

すべては、現在のストレージ・プロバイダのコスト削減とセキュリティの向上を実現しようとしています。

それらは、プラットフォーム上のトークンと引き換えに、デスクトップ、サーバ、ストレージ・デバイスの間で未使用のストレージ容量を取引きすることを前提としています。

データを格納するノードは代償として報酬を受け取り、フレームワークを永続化します。

中央集権的なストレージ・プラットフォームが提供するものの一部はコストがかかり、これらのプラットフォームは長期的に消費者を獲得することになるため、そのビジネスは必然的に、セキュリティとプライバシーを向上させた安価な方法を選択します。

 

メッセージングとソーシャルネットワーク

もしあなたがトルコや中国に住むなら、露骨な検閲や制限的なコンテンツに慣れているでしょう。

トルコの首相のエルドガンがツイッターを禁止したり、中国の習 近平がクマのプーさんを禁止したりすると、逃げ場が無くなります。

そして西欧諸国も免除されません。

Google は昨年、あらゆる個人の Google ドキュメントをスキャンし、必要があると判断された場合にはアクセスを制限するコードを公開しました。

言論の自由の要求は普遍的なものであり、インターネット問題の現状では、権力の不均衡は、企業や政府機関に恩恵を与えるように、インターネットを操作したり、遮断したりすることを意味します。

私たちは、Steemit, Akasha & Status などの分散型ソーシャルプラットフォームがプライバシーの隙間を埋めるようになり始めているのを目の当たりにしています。

中央集権でないアカウントへのアクセスや制限を要求する訴訟は存在せず、コンテンツはユーザーの手に委ねられます。

 

保険と銀行

汚職、インサイダー取引、貪欲、これらの言葉は保険業界や銀行業界の同義語となっています。

私たちは、代わりの選択肢がないため、金融システムを盲目的に信頼せざるを得ない状況です。

閉鎖されたドアの後ろで意思決定がなされ、消費者は何も言えません。

企業崩壊やスキャンダルに関連して、これらのセクターがなぜ筆頭に現れるのかを見極めるのは難しいことではありません。

1820億ドル相当の納税者救済策があれば、現在の壊したシステムはすべての人に影響を与えます。

ピア・トゥ・ピアの産業は、非営利組織が長期的に持続可能であることを実証してきました。

たとえば、Mozilla や Wikipedia は、中央集権化された収益指向のガバナンスが必要ない理由を証明しています。

しかし、この技術を使えば私たちはより大きくなれます。

ブロックチェーンは、不朽のスマート契約や暗号化数学によって、分散化されたガバナンスと信頼が提供される代替手段を提供します。

ゲームのルールは最初から明確です。

 

ビデオストリーミング

2005年、YouTube はユーザー作成コンテンツを一般に普及させ、インターネットとのやり取りの歴史的変化を示しました。

しかし、時間が経つにつれて利益目標が達成されることが求められ、それはゆっくりではあるものの確実に、大きな変化が見られました。

無料とされていますが、ほとんど無意識に個人情報(閲覧/買い物習慣)を交換します。

コンテンツ作成者は、広告の利益からわずかな割合だけしか得ることはできません。

広告や検閲の方針はあいまいで、多くのコンテンツ作成者は、ビデオは一貫性がなく不当に支払い価値が失われていると主張しています。

毎分400時間のコンテンツをアップロードされている中、Google は「それらがいつも正しいとは限りません」と認めました。

したがって、世界中の最大のインターネット企業がそれを扱えないとなると、集中管理は消費者にとって最善とはいえないようです。

 

音楽ストリーミング

こうしたストリーミングサービスを利用することで生計を立てているプロのアーティストに関して言えば、30%の仲介料削減は、道を開こうとしている人たちに深く関わりがあります。

分散型 Web は、ユーザーがコンテンツの所有者と受益者になるストリーミング・サービスに適したより良いソリューションを提供します。

Web3.0 は仲介者を削除し、広告主、視聴者、コンテンツ制作者が互いに直接関与できるようになります。

 

採用

分散化は軌道乗ってきてしていることがわかりますが、特定の産業への応用や恩恵は、主流のインターネット利用者にはほとんど知られていません。

IBF ( The ‘Internet of Blockchain’ foundation ) はまさにそのことを目指しています。

ミッションは、Web3.0 への移行を促進し、導入することです。

データ、ユーザー情報及びデジタル資産を完全に所有することよりユーザー中心の Web です。

IBF はアクセシビリティの欠如が広範な採用を妨げていることを認識しており、したがって、この問題に取り組むために分権化された枠組みである Essentia.one のサポートがあります。

分散化されたフレームワークは、分散したエコシステムを統合し、複数のブロックチェーン間の相互運用性を可能にする最初のものとなります。

Essentia は、Akasha, Aragon & Storjなどの DApps を元々統合しており、Web3.0 上でデジタルライフにアクセスし、管理するためのユーザーフレンドリーなインターフェースを提供します。

では、なぜ Web 業界の大企業は心配するのでしょう?

権力と支配権の濫用はそれほど長くしか持続できないからです。

ルイ16世とマリー・アントワネットが革命の足かせになったことを考えればわかります。

しかし、今回はパリの自由、平等、友愛を叫ぶ人々ではなく、より良い世界への移行を促進するために共同で取り組んでいる技術コミュニティーです。

Source : Why the net giants are worried about the Web 3.0

※ 原著者に翻訳及び転載の許諾を得ています。