一般的なブロックチェーンの3タイプ

ブロックチェーンを理解することに多くの時間が掛かりました。

現在、ブロックチェーンは3つのタイプがあります。

ブロックチェーンは新興分野なので、この数字を証明することはできませんが…。

 

許可不要型ブロックチェーン

あなたは既にご存知でしょう。

ビットコインやイーサリアムのようなブロックチェーンのことです。

このタイプのブロックチェーンでは、ユーザは取引を認可する権限を持っていません。

ビットコインを例に考えてみましょう。ビットコインは分散型台帳です。

仮に私があなたに 5 ビットコインを送金したら、私はネットワークで人々に呼び掛けます。

「みんな、見て、私は彼に 5 ビットコイン 送金してるよ。」

自慢しているように見えます?笑

ビットコイン上のネットワークの人々は私のメッセージを聞き、トランザクションの検証プロセスを開始します。

トランザクションを検証する人は選ばれたわけではありません。

そして、我々は誰が承認者になるのか予測することができません。

要するに、トランザクションを検証する権限を持つ人は誰もいません。

許可不要型ブロックチェーンは、システムを民主化するために使います。

誰でもスマートコントラクトを作成することができ、お金を移したり、データを出したりすることができます。

許可不要型ブロックチェーンのユーザーは匿名のままです。

つまり、許可不要型ブロックチェーンは機密情報を保護することができます。

「ルークは誰でも政党について意見を述べることができるアプリを開発したいと考えている。そして、彼は投稿者のプライバシーを保護したいと考えています。」

ルークの状況では、許可不要型ブロックチェーンを活用することができます。

誰でも、どこからでも、自分の意見をアプリに投稿することができます。

権力者が彼らの意見を取り除くことはできません。

彼らの意見は永久に記録されます。

 

公開承認型ブロックチェーン

このタイプのブロックチェーンでは、取引を認可する人々を選びます。

つまり、権力者、役員、政府、機関、または割り当てられた誰でも良いです。

一般の方がデータを閲覧することはできますが、機密情報を保護することもできます。

「エリシャはマグロのサプライチェーンに透明性をもたらしたいと考えています。彼女は魚が捕獲され、処理され、包装された場所を人々が知ることを望んでいます。」

このブロックチェーン上で、あなたが魚を買うと、コードをスキャンして、その魚が捕獲された場所から追跡することができます。

あなたはそれらのデータを閲覧することだけ許可されています。

つまり、そのブロックチェーン上にデータを書き込むことはできません。

漁師のIotデバイスは、魚が捕獲された時にデータを書き込むことができます。

そして、魚を処理するフードプロセッサーもデータを書き込むことができます。

それらは一般の人々がデータを書き込めるという意味ではありません。

ここでは、ブロックチェーンのように書かれたデータは永久に記録されます。

 

非公開承認型ブロックチェーン

これは公開承認型ブロックチェーンと同様のものです。データは公開されていません。

「サラの事業は、中小企業と会計事務所に関わりがあります。彼らは定期的に取引している関係です。」

サラの状況では、他の企業との取引は個人情報です。

その情報は一般公開することはできません。

ただし、そのデータは永久に記録されます。

彼らは取引する際、別の元帳を維持する必要はありません。

すべてのトランザクションは即時に集計されます。

 

最後に

私はこの記事があなたの参考になったことを願っています。

あなたがアイディアを考える際、お金と時間を無駄にしないように、適切なブロックチェーンを選択する必要があります。

そこで、あなたのアイディアにブロックチェーンが必要かどうか判断するための質問を作成しました。

もちろん、ブロックチェーンが必要ではないアイディアもあります。

さて、今後も、ブロックチェーンの革新性に期待しましょう。

Source : 3 Popular Types Of Blockchains You Need To Know

※ 原著者に翻訳及び転載の許諾を得ています。